SHIBATA Chika TEXTILE exhibition YY/MM/dd

0
    shibatachikaYYMMdd

    SHIBATA Chika TEXTILE exhibition
    open 2013/05/15(wed)-2013/06/01(sat)
    *(mon)-(sat)12:00-19:00 (sun)12:00-17:00
    close 5/21 5/28(tuesday)
    access 橘画廊


    展覧会終了まであと4日です。皆さまのお越しをお待ちしております!
    ※作家在廊日 6/1

    展覧会詳細(橘画廊HPより抜粋)

    「暮れかかる都会の空を/思い出はさすらって行くの/光る風 草の波間を/かけぬけるわたしが見える」。ユーミンの曲にこんな歌詞があります。大切な人と共有した時間であっても、人間はいずれ忘れてしまう。そんな切ない気持ちが込められています。風は見えないので「光る風」というのはもちろん比喩ですが、はっきり思い出せないことだからこそ比喩によってプラスのイメージをもたらすことができます。

    芝田知佳は、記憶から消えてしまいかねない私的でかけがえのない経験を食の思い出に託して作品につなぎとめました。食に関する経験は記憶の深いところに刻まれるからです。あの日に帰ることはできないし、その日の出来事をはっきり思い出すこともできないかもしれない。しかし、もどかしさだけでも抱きしめていたい。そんな思いがあるようです。

    題材に選んでいるのは、日常的な出来事というよりも本人にとって少しばかり特別な状況。それらを説明しすぎないように色と線でポップに表現しています。タイトルをヒントに、作家の「その日」の気分を想像するのも楽しそうです。
    (展覧会は火曜休 正午〜午後7時、5月19、26日と6月1日は午後5時まで)

    芝田知佳(しばた・ちか)
    1984年兵庫県生まれ。2007年女子美術大芸術学部卒、09年東京芸術大大学院美術研究科修了。11、12年「龍野アートプロジェクト」(たつの市)に参加。


    複合作品展「パラダイム」

    0
       3月30日(土)〜4月14日(日) 
      醤油蔵にて複合作品展「パラダイム」が開催されます。

      場所: ヒガシマル醤油元本社工場(兵庫県たつの市龍野町大手54−1)
      開館時間: 10-17時 4/1・4/8休館

      参加アーティスト:白柳淳 石田道行 秋場美緒 中村享史 松下英友 みやらび Toshizo 三浦久美子

      ◆期間中毎日上映 ナカムラ亨史映像作品「ガンガー」他
      ■3月31日(日)15時〜 白柳淳クラシックギターとピアノ演奏 料金1000円
      ◆4月13日(土)14時〜、15時〜、16時〜 創作紙芝居、白柳淳クラシックギター演奏ほか 料金無料
      ■4月14日(日)15時〜 白柳淳クラシックギターとピアノ演奏 料金1000円



      松谷武判氏映像

      0
        松谷武判氏のNYグッケンハイム美術館/リチャードギャラリーのパフォーマンスと対談の映像です。



        MIZUNOKI MUSEUM of ART, KAMEOKA

        0
          HOME PARTY



          龍野アートプロジェクト2012招待作家 今村遼佑さんが
          京都の亀岡市のみずのき美術館で二日間限定の展覧会に出展致します


          日時2013年3月23日(土)・24日(日)
          10:00〜18:00 入館料無料
          http://www.mizunoki-museum.org/news0323/

          出展作家
          今村遼佑 / 砂連尾理 / 河合晋平 / 平野智之 / 丸毛浩嗣
          宮川佑理子 / 森太三 / 森川大輔 / 吉川敏明



          以下
          引用 (テキスト:今村遼佑)
          ------------------------------------------------
           みずのき美術館はアールブリュット作品展示がメインの去年10月にできたまだ新しい小さな美術館で すが、これまでの開催されたトークやイベント、今回の企画など、単にアールブリュットの紹介に収まらない、もっと多様な、人と表現の関わりを探ろうとされ ているように感じます。
          個人的には、仕事で知的障害のあるひとと、少しですが関わっているので、それと制作することが間接的にせよ関連づけられたことがとても嬉しいです。自分の作品の他に、みずのきの収蔵作品の中から吉川敏明さんという方の作品を選ばせてもらい数点展示します。

          ご 挨 拶

          0
             本年2回目となる「龍野アートプロジェクト」は、文化庁の推進する「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」補助採択事業として、今年度も再び私たちの故郷“ 龍野” にて斯くも盛大に開催できましたことを、心より嬉しく思うとともに、地元関係者の皆様のご協力とご支援に対しまして、深く感謝し、御礼申し上げます。
             
            本プロジェクトは、地域に残る醤油蔵や伝統的建造物を再生・活用し、現代美術展を開催することにより、芸術とまちの魅力を国内外に発信し、地域の活性化と国際交流を図ることを目的としています。
            2011年11月に、「龍野アートプロジェクト2011」を初めて開催いたしましたが、伝統的建築の持つ空間的魅力は、優れた作家の創作活動を「刻の記憶 Arts and Memories」のテーマへいざなうかのように、自然調和し、お互いを高め合い、人々を感動させる相乗効果を発揮してくれました。
            今年度は、具体美術協会にも関わり、また現在はフランスを拠点に精力的な活動を続ける日本を代表する作家、松谷武判氏の初公開作品を含む貴重な平面作品をまとめて公開したほか、マドリードを拠点として活躍し、作家活動30周年を迎える山口敏郎氏、空間を巧みに生かしつつ見るものの感覚を研ぎ澄ます今村遼佑氏によって、醤油蔵という特徴ある空間を活かした素晴らしい展示が実現できました。
            さらに昨年、友好関係を築いたル・アーヴル/ルーアンデザイン美術学校の学生と地元ゆかりの若手作家らによる現代美術の共同展示を継続開催し、今回も優れた現代美術を国内外に発信できたものと喜んでおります。
            また一方では、鑑賞者、地元市民並びに小・中・高生に現代美術を鑑賞する機会を積極的に提供しようと、子ども向けのワークショップを開催したり、スタンプラリーにて城下町一円を会場として繋ぎ、過去より積み重ねられた歴史的空間を鑑賞の場として現代に蘇らせるとともに、アーティストトーク、作品ガイドツアーなども実施して、多くの方々に親しみやすいプロジェクトとなるよう心掛けました。

            特に今年度は、地元商店会との連携強化とともに、兵庫県立龍野北高等学校環境建築工学科による会場づくりに加え、兵庫県立龍野高等学校の生徒による詩の朗読・ワークショップのサポートと、地元二校に揃って参加してもらい、より地域に密着した開催となりましたことを、大変嬉しく思っています。
            この「龍野アートプロジェクト2012」が、現代美術の素晴らしさと龍野のまちの魅力を多くの方々へ発信し、体感していただく良い機会として、ますます発展していくことを祈念し、開催内容を報告書としてまとめとともに、今回の成果や課題を踏まえつつ、更にまたここから新たな“刻の対話”をスタートさせてまいりたいと思います。
            最後となりましたが、本プロジェクトの実現にあたり、ご参加いただきました作家の皆様をはじめ、多くの方々からのご協力やご支援を賜りましたことを、ここに深く感謝申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
            2013年2月
            龍野アートプロジェクト
            代表 淺井 良昭


            Avant-propos

            0
              Nous avons organisé cette année la Seconde édition du « Tatsuno Art Project ». Cette
              initiative bénéficie d’une subvention de l’Agence Japonaise des Affaires Culturelles dans le
              cadre du développement touristique et de la valorisation de l’héritage culturel. Nous sommes
              profondément heureux de la réussite de cet évènement et nous tenions à remercier, pour la
              force de leur engagement, les équipes locales qui ont contribué à ce succès.
              L’exposition d’art contemporain au coeur de ce projet permet d’utiliser et de restaurer
              la cave de sauce Soja et ses bâtiments traditionnels, afin de disséminer l’art et le charme de la
              ville et de développer les échanges culturels régionaux et internationaux.
              Lors de la première édition du « Tatsuno Art Project » en novembre 2011, autour du
              thème « Arts et mémoires », l’esthétique de l’architecture d’époque du lieu et la présence des
              brillants artistes se sont harmonieusement conjuguées et ont touché les spectateurs.
              Cette année, parmi les artistes qui ont exposé leurs oeuvres, M. Takesada Matsutani,
              artiste emblématique du Japon et ex-membre du mouvement Gutaï qui vit aujourd’hui en
              France, a présenté certains de ses tableaux pour la première fois au public. M. Toshiro
              Yamaguchi, qui vit à Madrid, a pour sa part fêté ses 30 ans de carrière artistique. M. Ryosuke
              Imamura nous a quant à lui proposé une installation artistique utilisant ingénieusement
              l’espace d’exposition et qui a permis de mettre en valeur la particularité du lieu.
              Par ailleurs, les étudiants de l’Ecole Supérieure d’Art et de Design du Havre-Rouen et
              les jeunes artistes locaux ont organisé conjointement l’exposition, entretenant ainsi une
              relation amicale née lors de la précédente édition. Nous nous réjouissons que cette occasion
              nous ait permis de valoriser des oeuvres d’art contemporain, au Japon comme à l’étranger.
              Nous souhaitions également que le projet soit destiné à tous : amateurs d’art, citoyens
              locaux, écoliers et étudiants. Afin de leur offrir une occasion d’apprécier l’art contemporain,
              nous avons mis en place des ateliers pour enfants, des visites guidées, des tables rondes
              autour des artistes, ainsi qu’un système de Rallye destiné à collecter les tampons
              correspondant aux différents lieux historiques, qui ont pu revivre au présent.
              Cette année, nous avons renforcé les liens entre le projet et les acteurs locaux : les
              commerçants, partenaires de l’évènement, les élèves du département de l’Ingénierie
              Architecturale et de l’Environnement du Lycée préfectoral de Hyogo Tatsuno Nord, qui ont
              aménagé le lieu d’exposition, et ceux du Lycée préfectoral de Hyogo Tatsuno, qui ont aidé au
              déroulement des ateliers et des lectures de poésie. Nous sommes aujourd’hui fiers de
              l’enracinement du projet au sein de la communauté locale.
              Ce catalogue vient maintenant fermer la page de « Tatsuno Art Project 2012 », mais nous
              souhaitons continuer à promouvoir l’art contemporain et le charme de la ville de Tatsuno
              auprès d’un large public en capitalisant sur cette expérience pour renouveler cette même
              notion de dialogue des temps pour la prochaine édition.
              Enfin, nous remercions profondément les artistes et l’ensemble des personnes qui, par
              leur présence et leur soutien au projet, et ont assuré le succès.
              Novembre 2012,
              Yoshiaki Asai
              Représentant du Tatsuno Art Project 2012
               

              PREFACE

              0


                Introduction

                 

                Art Project Tatsuno was held for the second time this year. The project was subsidized by the Japanese Agency for Cultural Affairs as part of its efforts to promote tourism and regional activities based on local cultural heritage. We are grateful for the success of the event and would like to express our sincere appreciation to the many local residents and organizations who provided us with their enthusiastic support and assistance.

                 

                In this project, contemporary art is displayed in old soy sauce warehouses and other traditional buildings, some of which have been remodeled or renovated, to convey the charm of Tatsuno and  promote regional activity and international cultural exchange.

                 

                In the previous event, Art Tatsuno 2011 (held in November 2011), the spatial appeal of the buildings provided the artists with a special inspiration. Based on the theme of “Art and Memory,” the event gave rise to a natural harmony, elevating both the structures and the works, and creating a synergistic effect.  

                 

                Among the participants in this year’s exhibition, special mention should be made of the Japanese artist Takesada Matsutani, formerly of the Gutai group and currently based in France, who showed a selection of his two-dimensional works, some for the first time ever; the Madrid-based Toshiro Yamaguchi, who is celebrating his 30th anniversary as an artist; and Ryosuke Imamura, who oversaw the use of the warehouses and coordinated the marvelous exhibition with his keen spatial sensibility.

                 

                Another notable aspect of the event was the collaborative work performed by the students of l’Ecole Supérieure d’Art et Design Le Havre-Rouen (ESADHaR) and young local artists as an extension of the friendly relationship they established last year. We are pleased that these efforts have helped enhance the appeal of contemporary art both in Japan and abroad.

                 

                In this project, we made a special effort to appeal to a wide range of people, providing art lovers, local residents, and school-age children with the opportunity to appreciate contemporary art. To achieve this goal, we organized workshops for children and a stamp rally to link the town to the exhibition site, encouraging participants to discover historical sites from the past. We also held talk shows and guided tours.

                 

                This year, in particular, the project was organized with the full cooperation of the local merchants’ association and the Environmental and Architectural Engineering Department at North Tatsuno Prefectural High School, whose students helped install the exhibition, and Tatsuno Prefectural High School, whose students helped organize the workshops and poetry recitals. It is a great pleasure to see that the project has become so deeply rooted in the local community.

                 

                In the hope that Art Project Tatsuno 2012 will develop further and help a larger number of people rediscover the splendor of contemporary art and the charms of Tatsuno, we have compiled a report on the exhibition. In light of our efforts and their results, we also hope to reexamine the theme of “Art and Memory.”

                 

                In closing, we would like to express our sincere appreciation to the artists and the many others who provided us with their support and assistance. Without them, this project could not have been possible.

                 

                Yoshiaki Asai

                Director, Tatsuno Art Project 2012

                November 2012


                報告書完成

                0
                  龍野アートプロジェクト2012 刻の記憶 Arts and Memories 報告書完成です☆
                  スタッフ総出で発送作業・・・
                  ご希望の方は送料込み¥1300でお送りします。

                  tatsunoart2013@gmail.comへ件名に龍野アートプロジェクト2012図録希望とご入力のうえメールしてください。



                  WEB

                  0

                    龍野アートプロジェクトのWEBを制作していただいている 村井貴さん制作の
                    『ヒバリ〜震災義援音楽配信プロジェクト〜』
                    http://hibari-charity.com/
                    がアート部門審査委員会推薦作品に選出されました!
                    伴いましてイベントも開催されます。
                    ラウンジトーク&ライブパフォーマンス
                    「Trans Creation〜二次創作による表現の位相」
                    出演:(出演順)mmm...(間部 令子[フルート]/三瀬 俊吾[ヴァイオリン]/大須賀 かおり[ピアノ])/村井 貴(WEB)
                    日時:2月19日(火)18:00〜22:00
                    会場:スーパー・デラックス
                    詳細http://j-mediaarts.jp/events/performance?locale=ja
                    お近くの方はぜひ★

                    ★★★★★『龍野アートプロジェクト2012 刻の記憶 Arts and Memories 報告書』 出版記念小作品展開催★★★★★

                    0
                       shibatachika

                      厳寒の候、皆様にはご清祥にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。 この度、龍野アートプロジェクトは、昨年秋に開催いたしました、歴史ある建築と美術のコラボレーションの試み 『龍野アートプロジェクト2012 刻の記憶 Arts and Memories 報告書』を出版する運びとなりました。 下記の通り出版記念小作品展を開催いたします。 期間中、龍野アートプロジェクト2012参加作家によります葉書原画などを展示しております。 このほか、松谷武判氏・山口敏郎氏・今村遼佑氏の小品なども展示の予定です。 ご多用中のことと存じますが、ご高覧を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

                       龍野アートプロジェクト実行委員一同   



                      『龍野アートプロジェクト2012 刻の記憶 Arts and Memories 報告書』出版記念小作品展
                      日時:2013年2月14日〜2月26日(※20日水曜休み)
                      場所:ガレリア アーツ&ティー http://www4.ocn.ne.jp/~galleria/
                      兵庫県たつの市龍野町富永1439 Tel.Fax.0791-63-3555 
                      E-mail galleria_arts@yahoo.co.jp 
                       ※交通・アクセス
                      [最寄り駅]JR姫路駅から姫新線で20分 本竜野駅下車 徒歩約8分
                      [車] 山陽自動車道 龍野I.Cから北へ5分 国道2号線(太子龍野バイパス)福田ランプから北へ約5分 中国自動車道山崎 ICから約30分 国道179号線 龍野橋東詰

                      -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                       報告書概要
                       【龍野アートプロジェクト2012 刻の記憶 Arts and Memories 報告書】  

                      本年2回目となる「龍野アートプロジェクト」は、文化庁の推進する「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」補助採択事業として、今年度も再び私たちの故郷“ 龍野” にて斯くも盛大に開催できました。本プロジェクトは、地域に残る醤油蔵や伝統的建造物を再生・活用し、現代美術展を開催することにより、芸術とまちの魅力を国内外に発信し、地域の活性化と国際交流を図ることを目的としています。また一方では、鑑賞者、地元市民並びに小・中・高生に現代美術を鑑賞する機会を積極的に提供しようと、子ども向けのワークショップを開催したり、スタンプラリーにて城下町一円を会場として繋ぎ、過去より積み重ねられた歴史的空間を鑑賞の場として現代に蘇らせるとともに、アーティストトーク、作品ガイドツアーなども実施して、多くの方々に親しみやすいプロジェクトとなるよう心掛けました。  本書では、こうした取り組みの成果を展示風景やトークの記録、アンケート結果など関連資料によって再構成します。現代美術の素晴らしさと龍野のまちの魅力を多くの方々へ発信し、体感していただくためにもご活用いただける報告書です。

                      -----------------------------------------------------------------------------------------------------

                      初版:2013年2月8日  仕様:A4版/78頁 価格:¥1,000  
                      発行:龍野アートプロジェクト  ガレリア アーツ&ティー内
                      印刷:合名会社 柳生印刷

                      -----------------------------------------------------------------------------------------------------

                      | 1/7PAGES | >>